心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書メーター1月まとめ。

1月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:924ページ
ナイス数:9ナイス

バカとテストと召喚獣10 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣10 (ファミ通文庫)
やっとAクラスへのリベンジ!!な回。が、すっごい消化不良…。3年生がここにきて絡んでくるっていうのはいいけど、高城先輩が残念すぎる…(笑)なんで真っ正面からド変態なんだ…。ガチ戦争がメインだったから、個人的には好きな内容だったんだけど。
読了日:01月29日 著者:井上 堅二
僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ (単行本)
フロンターレと言えば他のJ1クラブと違ってJFLに居たときのような敷居の低いイメージがあったけど、その理由がよく分かった。プロだからって高尚な感じにするのでなく、あくまで地域のクラブ、という一貫した柱がここまでクラブを大きくしてきたんだなぁと。天野さんの発想力や粘り強さもすごいと思うし、きちんとビジネスやマーケティングについても勉強をされているのが文章の端々からうかがえて、熱心さがすごく伝わってくる本。
読了日:01月26日 著者:天野 春果
心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
真面目な人=長谷部かっ!!(笑)っていうのがちょっと流行って、長谷部さんはどんだけ真面目なんだと思ったけど、読んでみると、プロになってから始めたことっていうのが結構多くて、学生の時からガチガチな、それこそ中田英寿さんみたいな感じとは全然違うと感じた。そして、ストレス対策、モチベーション向上や眠りについてなど、多くの自己啓発本に書かれていることが何気に網羅されている点も読み処。長谷部さんのライフスタイルに沿って落としこんで書かれているのですっと内容が入ってくる。ミスチルが大好きなことはよく分かったから!!個
読了日:01月15日 著者:長谷部誠
29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 (オープンブックス)29歳の誕生日、あと1年で死のうと決めた。 (オープンブックス)
「本出してるなら死んでないじゃん」てちょっと皮肉を感じながらもタイトルに惹かれて読んだ。29歳、自分も近い年なこともあって共感できる部分もたくさんあったし、死のうって決めたことでこんなに価値観が変わることができる、それってすごい、とも感じた。30歳の誕生日に自分にプレゼントしたものが素敵。個人的にはヒット作品でした。
読了日:01月13日 著者:葉山 アマリ

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

なんだかここが読メのまとめ置き場になってきてしまっている…いかん。
今回は啓発系寄り…なのかな?
葉山アマリさんは共感できる部分も多くて、結構自分に置き換えて読んでもてしまっていたり。
「全力で生きること」によって、人はまだどこまでも強くなれるんだなって思った。
また、天野春果さんの本は、ビジネスマンさんにも読んでもらいたい本。
Jのクラブ運営に関わる人がどんなふうに集客プロモーションを考え行っているのか、そのために必要なことは何かがたくさん書いてあって、地元チームであるフロンターレをもっと応援しよーって思った。

1月のラストはバカテス。
Aクラス戦、待ってたよー!!
と、思いきや…。
みたいな内容です。(伝わらん)
こちらもそろそろ物語をたたむ頃合いのようで、ストーリーはあと一つ、だそうです。
(あと1冊で終わるとはおっしゃってなかったので、サイドストーリーも含めもう少し続きそうですが)
好きな作品が終わってしまうと思うと寂しいね…。

[ 2012/02/01 15:51 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

あけましておめでとうございます。

昨年は、個人としても、世界的にもいろんなことがありました。
本年は皆様にとって、より多くの幸せがありますようお祈りいたします。


そんなわけで、新しい年を迎えて早10日。
この十日間何をしていたかと言えば、色々したような、何もしていないような。
今年は、自分の活動の土台をしっかりさせるべく、猛進していきたいと思っています。

やりたいことはたくさんあるんだけど、体がついてこない…
なんて言い訳しないで、電池が切れて倒れるまで、それくらいの意気込みで2012年は走っていきたいと思います。

[ 2012/01/11 14:28 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

読書メーター12月まとめ。

12月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:1377ページ
ナイス数:6ナイス

僕は自分が見たことしか信じない僕は自分が見たことしか信じない
フォトエッセイ系かなって思ったけど、文章もしっかりと量があって読みごたえがあった。砕けた感じの文章が変に飾ったり、かしこまったり、ライターさん丸投げ感(笑)がなくって23歳の男の子の等身大な雰囲気が伝わってくる気がしてよかった。内田ファン、鹿島ファン、サッカーファンでなくても、世界でプレーするプロの高い意識を、同じ年代の人に広く読んで貰いたいなって思う。
読了日:12月30日 著者:内田 篤人
07-GHOST 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)07-GHOST 13 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
ランセがぁーっっ!!まさかあれでおしまいなの!?あんなにあっけないの!?って動揺。久々にミカエル様発動したけどアヤナミ様が強すぎる…(笑)あとはハルセが動いてる謎が解けてすっきり、扉絵でラグス王がまばゆいばかりの毒キノコ食す寸前ちょーピンチに癒された。
読了日:12月27日 著者:雨宮 由樹,市原 ゆき乃
BLEACH―ブリーチ― 53 (ジャンプコミックス)BLEACH―ブリーチ― 53 (ジャンプコミックス)
読了日:12月18日 著者:久保 帯人
断章のグリム〈16〉白雪姫〈上〉 (電撃文庫)断章のグリム〈16〉白雪姫〈上〉 (電撃文庫)
うじむしとかリアル過ぎて気持ち悪い…今回は違う意味で背筋に悪寒が走った。いよいよ蒼衣の断章に迫ってきてるところで意外な伏兵、夢見子ちゃん。もしかして夢見子ちゃんの苗字って…。そして不覚にも入谷さんの断章詩〈一緒に死のうか〉にときめいた私は罰当たり。
読了日:12月18日 著者:甲田 学人
異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)異国迷路のクロワーゼ(2) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-3)
読了日:12月13日 著者:武田 日向
異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
読了日:12月13日 著者:武田 日向
黒犬O’clock 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)黒犬O’clock 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
読了日:12月07日 著者:遠藤海成
ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)
読了日:12月07日 著者:PEACH-PIT
WORKING!! 1 (ヤングガンガンコミックス)WORKING!! 1 (ヤングガンガンコミックス)
読了日:12月07日 著者:高津 カリノ

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

この月もマンガ率高めだった。
異国迷路のクロワーゼはアニメから入って、湯音とクロードの会話が微笑ましくてつい買ってしまった。
マンガの方も「変態作画」言われているらしく、すごくきれいでした。
アニメにあった、クロードとカミーユの小さいころの話はマンガの方ではあんなたくさんなかったんだけど、カミーユも可愛かったです。
そして、アリスちゃん。声が入っていないというだけで受ける印象がずいぶん違う。
声優さんて、すごい(笑)

あとは待ちに待った07-GHOSTとグリム。
07-GHOSTは衝撃の展開があり、切なくもあり、続きが本当、気になります。
1/28発売のゼロサム3月号でドラマCDの誌上通販があるらしいので買わなくちゃ!w
グリムは終わりに近づいている感がひしひしと伝わってきます。
下巻でどんでん返しがありそうで、こちらも続きが気になります。

しかしこの月で一番はやっぱり内田篤人選手の本かしら。
緊張すると吐いちゃうっていうのは、たしか柏木選手か誰かのブログで読んだことがある気がするんだけど、吐き気、不眠、そして故障。色々な不安要素と戦い、付き合いつつも弱みは見せたくないサッカー小僧の意地が伝わってきて自分も頑張らないと!!って思えた。

次月も、色々な本と出会えるように、積みを早く消化しようw

[ 2012/01/11 14:24 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

読書メーター11月まとめ

11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:996ページ
ナイス数:7ナイス

「ワンピース」はなぜ人の心をつかむのか―「ONE PIECE」はなぜ売れるのか (ベストセレクト)「ワンピース」はなぜ人の心をつかむのか―「ONE PIECE」はなぜ売れるのか (ベストセレクト)
なぜ人の心をつかむのか、というタイトルに対しての最終的な結論ははっきりとか書かれてないけど(笑)、ルフィたちを「理想的なチーム」として挙げ、なぜ理想的なのかが、経営コンサルタント目線で書かれている。題材がマンガなこともあって読みやすかった。
読了日:11月18日 著者:富田 英太,藤岡 良亮
ONE PIECE(ワンピース) 1~最新巻(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]ONE PIECE(ワンピース) 1~最新巻(ジャンプ・コミックス) [マーケットプレイス コミックセット]
読了日:11月04日 著者:尾田 栄一郎
ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 64 (ジャンプコミックス)
読了日:11月04日 著者:尾田 栄一郎
自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
読了日:11月03日 著者:アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星
その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)その後のツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
読了日:11月03日 著者:細川 貂々
ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
読了日:11月03日 著者:細川 貂々

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

とにかくワンピースを読みまくってハマった月だった。
自分の小さな箱からryはジョハリの窓について調べものをしているときにたまたま見つけた本。
登録ユーザーも多かったし、読んでみたら結構面白くてサクサク進んでいったので、個人的にかなり良本。
ジョハリの窓というよりは、基本的立場に関係する内容かも。
交流分析の核となる部分であることは間違いないと思うので、自己啓発本としておすすめ。

[ 2011/12/13 14:15 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

読書メーター9月まとめ。

9月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:261ページ
ナイス数:1ナイス

志して候う志して候う
"父親が息子にお父さんってどんな子供だったの?って聞かれて話す"ような感覚の本。「駄菓子屋…わかるかな。」って言う言葉からも、聞き手は自分らくらいの若い人を想定してるんだろうな。何で役者になろうと思ったのか。何で経営者になろうと思ったのか。色んなことが書いてあるけど、全てが「俺ってなんや!」から始まって終わる。感想は…何この人かっこいい。それしか出て来なかった。
読了日:09月29日 著者:伊原 剛志

2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

9月少なっ!!
伊原剛志さんの本は、すでに新品はなくて、中古で探したんだけど、
探して良かったと思う。
こんなかっこいい人、なかなかいないです。。。
たぶん、これについて語り始めると大変な量になるので割愛w
あ、でも来年公開の海猿に出演されるらしいので、これはぜひとも見なければ…っ!

10月は、秋だし、いっぱい読書しよーぅ。

[ 2011/10/20 22:45 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。