心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

心理職って。

まぁた、某掲示板サイトにひっかかったあたし。
心理職の現状などについてやや真面目に書かれていた。
あたし的には良スレかもって思ったけど…うーん、最後はやはりこういう方向になってしまうのね…。

心理職…というか、カウンセラーの現状としては、まず、常勤の仕事なんてないってのは、ある程度の常識って思っていいと思う。
ぶっちゃけ、常勤カウンセラーなんて、ほとんど無く、スクールカウンセラーとかも、アルバイト扱いがほとんど。しかし、教員免許と臨床心理士資格を所持していないとダメだって言う…ね。スバラシく厳しい状態です。
なるのも大変なのに、その給料もアルバイト並…っていうか、時給かいてあるしね!!
どんだけ、ボランティアなんだ!!といいたくなるのが本音です。
カウンセラーって、介護職と似てて、ボランティアもたくさんあるけど、それでちゃんとお給料貰って生きてる人もたくさんいる。
どっちがいいの?とは言えないけど、あたしはお給料貰いたい派。

つまり、悩めるお客様から金をとろうっていう聞こえだけで判断するならかーなーりいい商売ね(笑)みたいな皮肉を買いそうなことしようとしてるんだけど。

でもさ。
医者だって、教師だって、介護職だって、いないと生きていけないって、わかっててその人から金とってるわけで。
一種のサービス業と考えたら、それもアリと思える。。。
寂しい世の中だね。。。(自爆)

しかし、その分、訓練を受けた専門家として、井戸端会議的なものより数倍のサービスを提供できる。

自分の経験だけであーそれね。とか分かっちゃった面のとはわけが違う。

最近、カウンセラー流行っているらしく、なりたい職業の上位に食い込んできているのも事実。
=カウンセラーが、この世には必要だ、と思っている人が増えてきた
=あたしも、カウンセラーとかが話を聴いてくれたらなって思ったことのある人またはそれに相当する経験のある人が増えてきている

だから、専門家が登城しちゃう。


結論:カウンセラーを神サマか何かと勘違いしてない?と、今日見て思ってしまった。。。


音楽フリーク脳内BGM100
配布元サイトはDELIGHTさんです。


26.大切な電話を待っているのに携帯の電池が切れそうな時。
ラムのラブソング
きっと挙動不審だ。自分。

27.沈む夕日を眺めながら。
太陽に吠えろのテーマ
これも王道かな。
関連記事
[ 2006/07/04 22:08 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/86-fe065a2c