心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゲーム理論とゲーム分析。

今の職場に入った時からずっと殿に「ゲーム理論勉強しなよ。心理カウンセラーならさー」
と言われ続けていて、初めは【ゲーム分析】のことだと思って話を聞いてたんだけど
聞いてるうちに「あれ?俺の知ってるゲーム分析じゃない…」と思い調べようと思って
ほったらかすこと数カ月。
昨日もまた殿に「心理のプロより知ってていいの?よくないでしょ?ちゃんとべんきょうしなよー」
と言われてしまったので、帰宅後、本当はサイトを作りたかったんだけど急きょお勉強に。
といってもwikiさんをざーっと読むだけですが。

以下抜粋(文章中の色や文字サイズについては、変更をさせていただきました)

ゲーム理論では、ある一連の事象(ゲーム)を解析するために、以下の4点を定義することが一般的である。

  • ゲームを支配するルール
  • ゲームにおける目的達成に向けた行動(戦略)の意思決定を行う主体(プレイヤー)
  • プレイヤーの選択可能な行動(戦略)
  • プレイヤーの意思決定を左右する情報

このような諸特徴から数学的に見れば、あるゲームを以下の4つの要素で定義することが可能となる(各要素は前述の4つの定義に対応している)。

  • プレイヤー及びゲーム全体の制約条件
  • プレイヤーの集合
  • 各プレイヤーのとりうる行動の集合
  • 各プレイヤーの行動の関数となる利得集合

例えば、チェスのようなゲームならば、対局する2名のプレイヤーがおり、各プレイヤーは盤上の駒がとることのできる全ての動きを計算可能で、かつ双方とも盤上の駒の配置情報を全て知ることが可能な環境にあり、偶発的な事象は起こりえない。以上がルールとして特徴付けられることになる。
ゲーム理論の分析は、基本的にこのような戦略的な状況における未来の行動を予測したり、過去の行動を客観的に評価することを目的としている。つまりゲーム理論とは、あるルールのもとで各プレイヤーがとると考えられる最適な行動の組合せの解を求めることである。

ゲーム理論の分析では、各プレイヤーの行動が相互の利害に影響することを考慮しなけれ>ならない。つまり、プレイヤーAはある行動を選択する前に、自分の利益を最大にするためには相手のプレイヤーBが敵対的な行動に出ることを考慮しなければならない。

このようなゲーム理論の問題を解決するために、古典的ゲーム理論ではナッシュ均衡囚人のジレンマなど、さまざまな概念やモデルが提起されている。
基本的な用語について説明すると、プレイヤー間の関係を表現する用語として各プレイヤーが相談することなく自己決定のみによって行動する非協力ゲーム(non-cooperative game)と互いに相談を通じて行動を規制しあう協力ゲーム(cooperative game)がある。また選択肢の構成を表現する用語として、プレイヤーが行動を一回だけ選択して終了するゲームは一段階ゲーム(one-stage game)と呼び、複数の段階にわたって選択がなされるゲームは多段階ゲーム(multi-stage game)と呼称する。またゲームにおいて全ての一連の行動を戦略と呼ぶが、プレイヤーが採る戦略の数が有限であれば有限ゲーム、そうでなければ無限ゲームと呼ぶ。情報についても情報を参照することが可能であるゲームは完全情報ゲーム、そうでなければ不完全情報ゲームとする。このような表現方法でプレイヤー間の情報構造や意思決定、利害関係、協力関係を数学的に表現することを可能としている。

wikipediaより抜粋

抜粋した文中にもあるんだけど、これって、集合と確立の問題だよね?
思いっきり数学とか解とか出てきてしまってるところを改めて言うけど数学ですよね?

殿はこれを【心理戦】の理論的な感じで位置づけていらっしゃいましたが、
それは間違いなくずれていると思うのです…

私の心理学で書かせてもらうならば、心理学って【刺激】に対する【反応】を見て、
その反応の種類がどのようなものなのか、それによって生じる問題はあるか、
あったとして解決はどうするかという部分を見るので、
どちらかと言うと化学…かな?っと思います。

今日の会話で、殿は『心理学ができる=人の心が読める』と思ってるんじゃないかなぁ
っていうのが、すごく見て取れたので、それは違うんだよぅ!!と言いたい。
(言ったら怒鳴られますけど)
でも、その考え方だと、相手に自分のp価値観を押し付けることになりかねないので…
相手…死ぬかもしれないよ…?
っていうところだけは分かってて欲しいな…と思う今日この頃です。

ちなみに、
我々心理カウンセラーが相手の心を本当にバンバン読めちゃったら、
自分も含めほとんどのカウンセラーは生きていないと思います。

ココロが読めるって、すごく怖いこと何だけどなぁ。。。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/512-666b8e1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。