心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カラーセラピーをかじる?

ダイエットに効果的な色・逆効果な色
色が心理的にもたらす影響は、少なからずあるといわれています。
今回は、ダイエットをテーマにお話ししたいと思います。


あらかじめ、書いておきますが、全ての人に効果があるとは限りません。
一般にはこういう効果があるよ、と言われていますが、色彩による心理効果は、その人の、人生のなかで受けた影響などにとても左右されやすいと言われています。
ですから、これから紹介するものが必ずしも当てはまるわけではないことをご了承願います。


食欲をそそる色「黄色」
黄色やオレンジなど、暖色の中でも黄色よりのものは、食欲を増進させると言われています。
黄色は食と結び付けやすい色であると言われているのが大きな理由と思われます。
野菜や肉、パンなどの焼かれたものなどは、黄色や赤などから派生した色が多いですよね?
そのため、食と関係のある色とされています。
そんな色を見ただけで…と思うかもしれませんが、実際、黄色系の色を目にすると、胃腸の働きが活発になるとも言われています。
なんでかって、言えば、これは発達心理学という分野に入るのですが、一種の条件付けと言えるのでしょう。


たとえば…
皆さん、梅干を想像してみてください。
あのすっぱさ、想像しただけでも口の中がすっぱくなりそうです。
そして、梅干のすっぱさを知っている人ならば、想像しただけでも唾液が分泌されていると思います。
これが、条件付けといわれるもので、一度梅干のすっぱさを覚えてしまうと、想像しただけでも体が反応してしまうようになるんです。
これを繰り返し同じことを条件付けていけば、それはさらに強化されるわけです。
普段、何気なく食べ物を見ていますが、こうやって日々黄色系は食に結びつく色と、食卓を通して条件付けられているとしたら……。この「黄色系は食欲を増進させる」説は納得がいくわけですね。


食欲を減退させる色「
では逆に食に結びつかない色は、というとになるわけです。
食べ物にい色のものって言うのは、なかなかないですよね。
食品業界の広告でも、一昔前までははタブー視されていたそうです。今では、その奇抜さ(?)で広告に起用しているものも多いと聞きますが…たしかに、黄色やオレンジ系の物の中にいものがあったら人目を引きますからねー。
なので、食卓にいものを置くと良いなんていう風に言われています。
ちなみに、アメリカかどこかには青いケチャップたるものがあるらしいです。
これは、半ばおもちゃみたいな感覚で作られたらしいんですけど、実際にオムライスとかにかかってるケチャップが青かったらちょっと引くかも…
あとはテーブルクロスを青い物にするとか。
さらに、青にはリラックスさせる効果もあるので、寝室などを青系で統一すると、よく眠れるといいます。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/491-701657c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。