心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人は結局、思ったとおりの自分になる。

タイトルの言葉は、文豪ゲーテが残した言葉といわれているそうです。

何でいきなりそんな話なのかというと。

ついさっき殿のありがたいお話の中に出てきたからですw


ゲーテの言うところの真意は分からないですが、

確かにその通りだなー、と思います。


変わりたい…と本気で思う人は変われるんですよね。

きっかけは何であれ。


無理やり心理学につなげると、

反復強化に共通する部分があると思います。


「結局自分って○○なんだよな…」


そう自分の中で自分の人生というか立ち位置というか…

そういったものを決めてしまっていると、

それを再確認するかのように、

○○なんだよな…という方向に進んでいってしまいます。

そしてやっぱりそうだった…自分なんてこんなもんだ。と

どんどん自分を決まった枠にはめていってしまう、と。


そういった意味で「思ったとおりの自分になる」

という風に言えるのではないかと思います。


反復強化を断ち切って成功体験などを積めば、

「思ったとおりの自分」の姿も変わるので

現状を変える事だってできるし、

大きく言ってしまえば、人生だって変えられるんですよね。



うん。そういうのは教科書的でよく話を聞くと思うのですが、

最近の悩みは

「自分は神がかり的に大体のことはこなせる」

と本気で思っている人は、どう接したらいいんだろう・・・です。


どれだけできていないことを指摘しても、できている。

果てには「そうさせる周りが悪いわけで自分は悪くない」

と言い出してしまうって…どうしたら…

今朝の記事もそうだけど、本当、人って分からないなぁ。
関連記事
[ 2010/11/02 19:01 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/478-16b7e701

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。