心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

相談

超個人的用件で

課長と面談しました。


お題は、ここ最近の勤怠について。

ここ半年で、遅刻、欠勤をしなかった日が

皆無なので、ちょっと心配されており。

現状、こんな状態でー

遅刻な日はこんな状態でー

とかとか。



こないだ過呼吸起こしてぶっ倒れたのが

相当効いてるみたいです。

なんで話そうと思ったの?

と聞かれたんですが、

まず、課長のお子さんの年齢が

自分と近いこと。

産業カウンセラー資格保持者であること

某同僚の件ですでにかなりお世話になってること


この辺かな。

特に産カル保持者はでかい。

メンタル面の話がかなり通じるから。


自分は周りから見て

どうやらかなり内側に溜め込むタイプに

見えるらしいので

あれもこれも引き受けてやってるのを

キャパ越えじゃないか?

とも思っていてくれてたみたいです。

かなり社員に恵まれてるなってそこでまず感じた。


あとは、課長自身の話を聞いて、

課長自身も、長いこと持病を患ってて

(移植が必要なくらいにね)

最近、2度目の移植を受けたそうです。

その時、前に移植された目をダメにしてしまった自分を

すごく責めたそうなんですが、

移植された目って、自分から細胞を

活性させることができないんだって。

だから、劣化していくしかなくて。

医者に、

その目はお役目を終えたんだよ。

自分を責めることはないんだよ

と言われて

すごく救われた気持ちだったと

話してくれました。




自分も、こんな風にメンタルダメになって

医者の世話になってる自分が

すごく情けないって

思ったりしてたんだけど、

課長が自分の話を踏まえて

自分が悪いんじゃないよ

って言ってもらえたのか

すごくありがたかった。

で、思わず泣いてしまったと。



会社での心配ごとは

一つ減ったので、

あとは家族の問題かな。



いつになったら

全て話して楽になれるだろう

とか、

話したら余計によそよそしくなるんじゃないか

とか、

思うところが沢山あるので

これも少しずつ紐解いていかないとね。
関連記事
[ 2010/04/17 23:03 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/440-2ae2a03f