心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

振り向くな君は美しい

高校サッカー決勝、青森山田-山梨学院付は結局、

山梨学院付が0-1で初優勝。

おめでとうッッ!!


最近の高校サッカーはだいぶレベルに違いがなくなってきてるみたいで、

帝京とか、国見が早々にいなくなってるのを見たときは

「何してるの名門校!!」って思ったんだけど、

今日の決勝を見る限りでは、全然、名門とか無名校とか関係なく良い試合でした。


結構、海外ファンの人から見たら

「日本のサッカーはつまんない」

って言う人多しだけど、にわか海外厨に告ぐ。



おまいらこそ見ろし。




っていうか、

夢を追うことを忘れた大人達こそ見るべきだなぁーっておもいました。

技術はまだまだだし、

ちょっと生意気にヒールパスなんて使ってみたりとかするんだけど、

そんな色気づいた小細工なんてどうでもよくて、

「勝つことへの執念」ってのがすごくよく伝わってくる。



特にがんばってるのは、監督。

選手が朝も早くから球蹴ってるとかよく聞くけど、

いまどきの高校の監督は多くの方がS級ライセンス

(Jリーグとかプロチームの監督をすることができるライセンス)を持ってて、

監督自身がかなり勉強したり選手のために手を尽くしている方がとても多いです。


元、国見高校監督の小峰氏なんかは、

地方から国見へ入学してきた学生たちを自分の家に下宿させて面倒見てたとか、

遠征のバスを監督自ら運転してた、っていうのは有名な話だけど、

それに続けとばかりに、今監督たちの努力っていうのがもしかしたら選手よりすごいかもしれない。

(ちなみに小峰氏もS級ライセンス取得者。選挙なんか出てないで、ふつーにサッカー続けてればよかったのに…)


そんながんばる大人を見て、選手たちも、監督のために国立へ、という思いが一層強まるようで。



エンターテイメントとしてのサッカーにはならないけど、

自分がもっといろんな夢とかやりたいこととか、

できるできないは別として、とりあえずがんばってみようって

思ってた頃の自分ていうのを思い出させてくれる気がして、試合後ちょっと泣けました。

あと、亜大がリーグ戦優勝した時のことを思い出した。


どんなことをしても、勝ちにこだわって、本当、勝てば官軍な世界。

プロのサッカーでも、入れ替え戦とかギリギリの試合では見られたりするけど(笑)

常に全力っていうのはプロでは見られないから、

こういうのは学生ならではなんだろうな…ってちょっと思った。



起きたのがお昼頃だったので、競技場には足を運べなかったけど、

今年は久しぶりに大学生のサッカー見に行こうかなと、思った。



何が言いたいかよくわかんないけど、まぁいいや。
関連記事
[ 2010/01/11 16:33 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/422-fb21fa0f