心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

ウェンディが妖精を造る。

話を聞けば聞くほど

お兄ちゃんの行動って常軌を逸してて

ちょっと気になって色々考えてしまいました。



二人のやりとりを見てて気付いたんだけど

彼女、甘やかしすぎじゃない?

そんな毎日のように待ってる必要とかなくね?


彼女に聞いたら

「あの子にはお世話してくれる人が必要なんだよ」

とのこと。



…母ですかあなたは。

今から育てる気ですか。



てゆーかついそのまま口に出してしまいましたが

そしたら

「そんな感じかも。別れた方がいいのかな」



…。


想定の範囲内ですがやっぱりダメなのか…

てゆーかそんなに酷いのか…


ちょっと前に「人の性格ってどうしたら変わるかな」

って言ってて、

早速病んできてますか?

と感じたんだけど、

お兄ちゃんの行動はだいぶ目に余るらしいです。



しかし、そうも言いつつ

結局はお兄ちゃんの要求に応え

いじらしく上がりを待ち

ワガママも我慢しちゃってる彼女を見て


あ、好きなのは好きなのかな。過保護だが。

と。

なんだかんだお世話しちゃうタイプなのね。



そんな二人を見ながら

脳内では愛しのPsychoBrakdrが流れてた。

まさしく、そんな感じ。
関連記事
[ 2009/07/14 08:38 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/370-b0d6e0f2