心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

自己主張って大事ね。

今日は会社の同僚と原宿でお買い物してきました。



原宿とか…何年ぶりだろ(笑)

相変わらず人すごいよ。

お店入るまでも長いよ並んでるよ…。

しかし、散財をしにきたあたしです頑張れます。


一通り買い物して休息はさんでまた買い物して

女の子同士はこうでないと!!

って感じに散財してきました。


でも、お互い割とフリーダムで、

店に入ってからは各々目的の物をあさりに

方々へ散っていきます。

「こっちとこっちだったらどっちがいい?」

「こーいうのも有りじゃない?」

「試着行って来るから待ってて、見せるからっ。」


とか、そんなきゃっきゃしたやりとりはなっしんぐで。

とりあえずワンフロア見たら、次行く?みたいな。

混んでて立ち止まる余裕がなかった

ってのもありますが、

基本、無干渉(笑)

気が楽でよいです。



で、今日おうちでだらだらと暇こいてるお兄ちゃんに

夕方くらいからでておいでよ

って言ってみたんだけど、

向こうは自分の方まで来て欲しいと。



…いいですよ、あたし通り道なんで。

けど、彼女は帰り結構遠くなっちゃうし、

こっちも相方呼べないので、

せめて渋谷まで出てきて欲しいわけですよ、

我々的には。

しかし。


「渋谷・原宿とか俺に似合わないでしょ」

とか、

「遠いーし。」

「出かけるー」

とかワガママを言い始め、

こっちが、ならそっちまで行けばいい?

と返せば、それもうーん…みたいな。

出かけるならこっちはこっちで

ご飯食べて帰るよ?って言えば

でも会いたいしー…みたいな。



…は?いい加減にしないとつづきさん怒るよ?

せめてどうしたいかはっきり言いなよ。



というわけで、聴取すること2時間くらい。


結局


会いたいからこっち来て。


って結論に。



…。

うんもうわかったよ…



半ば呆れながら

お兄ちゃん見捨てて彼女を行かせ

あたしは相方と合流することにしました。


お兄ちゃん、

「言ってくれれば?するのに」

とか

「?してくれればいいのに」

ってよく言うんだけど、

つまりは言って欲しいんでしょ?

そうして欲しいんでしょ?

ならそう言えばいいのに。

遠回しな表現は疲れる。

あ、ここは心理っぽく

裏面的交流にしておきましょうか。

またダブルシグナルですね。



彼女も結構イラっとしてたけど、大丈夫かなぁ…。



【参考になりそうな図書】人生ドラマの自己分析―交流分析の実際
関連記事
[ 2009/07/12 19:55 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/367-80433c92