心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

ダブルシグナル・ダブルバインド

以前どこかの記事で触れた気がしますが

自己一致ができておらず、

その状態を相手にぶつけてしまうこと

言動の中に含みや別の意味があるようなやつを

ダブルシグナルと言います。


そのダブルシグナルを受けて

困ってしまう状態

(混乱と言われたんですが

それだとちょっと重いかな

困るの程度でも充分だとあたしは思います)

それをダブルバインドと言います。



突然何を言い出すのかって

自己一致って難しいよねって

改めて感じたわけです。


そんな状態が続くと

お互いに疑心暗鬼になってしまうのは

否めないんですが

あたしも肝心な時に言葉に詰まったりするので

うまくいかないなぁと。

もっとリソース探してこないと。



ちなみに余談ですが


ダブルryの会話ばかりの

親の元で育った子どもは

ボーダーになってしまう確率が高いんだとか。


あたしの好きな乙一作品に

so・far(そふぁー)

っていうのがありますが

この作品が、

そんな家族の様子を

視覚的にも感覚的にも

分かりやすく表現されてるので

結構好きです。





あとどーでもいいことですが、

左側に立ちたいです。
関連記事
心理学的な意味とかは特に詳しく調べてないけど、右脳が刺激されると萌え度が上がるらしいので、そんな効果はあるかも?

あたしの場合はかなり個人的な理由です(笑)
[ 2009/06/14 12:52 ] [ 編集 ]
私も左側に立ちたい派☆

…何か意味あるんですか…??
[ 2009/06/13 00:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/356-74dff0d6