心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

ストロークを欲することが、人間の本質。

普段、あまり友達と遊び歩いたり?とかしないタイプ(つか、あたしが一緒に働く人って基本あたしよりはるかに年上とかだし)なので、用事が無ければほとんど部屋にこもりっきりなんですが、ここ最近、高校の時の友達とか、昔のバイト仲間とか、いろんな人に会って、自分でも、無意味にテンションが高いなと、実感しています。


人とのかかわりを持つって、人間生きていくうえでは欠かすことが出来ないことだと思うんだけど、それってたしかにそうなんだよね。


人間が一番嫌うのは『無視されること』
無視されるなら、嫌味を言われていたほうが、まだマシなんだそうです。
だから、人とかかわりを持つってことは、人が精神衛生上の健康を保つために、すごく大事なことで。
まぁ、人間関係で疲れてしまう人ってたくさんいるから、関わり方っていうのも、もちろん大切なんだけど・・・


うん。何が言いたいかよくわからなくなってきた。


とりあえず、気分が滅入ってるな、、とか、テンション上がらないなぁって時は、右から左に受け流すんでもいいから、友達に会うなり電話なりメールなりして、パワーをもらうのが、良いみたい。
一人で考え、悩むよりは頭がすっきりするはず。。。


って、ここ最近の自分の体験で思った。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/226-6c4e4330