心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

一寸先は闇。一寸後は霧。

「いまあなたが味わっていることは何千年何百年も前から味わっている人がいます。今あなたがたっている場所にはたくさんの人の足あとがいます。それは勉強することでしかわかりません。勉強しましょう。」
という金八先生がいっていました。
なんか…すごい…


いじめ問題をそんな風にいえるのは、多分この人だけだと思う。
そして、これを聞いたあたしの感想は

大人なんだな。。。


過去から学ぶことはたくさんあるし、大切なことかもしれないけれど、過去を振り返り、先人の足跡をたどることは、今いじめに苦しんでいる人たちにとっては慰めにもならないと思う。

弱いものは虐げられ、声を上げることもできずもがき、苦しみ、耐え抜くしかないのか…
大きな力に立ち向かうための力を自分の中に見出すことができるのか…


そんな強化子を植えつける危険も十分に持っている。
それより、もっと先を見据える希望を与えることができるような言葉をかけてほしいし、探したい。
関連記事
[ 2006/11/10 11:22 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/143-f0cc10cd