心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

軽度発達障害

これに関する過去ログを、前の日記に探しに行ったんですが、どうやらその前に使っていた日記のようで探せませんでしたorz

最近『光とともに』を再放送でみています。
自閉症ってその子によって程度がかなりまちまちだし、場合によっては特殊学級とかにも入らず普通学級で勉強している子とかもいて大変だよなぁーっていつも思うんだよね。

あたしが勉強していたのは自閉症でなくてADHDだったんだけど、そういう軽度発達障害って呼ばれるものを持ってる子供が普通学級でやっていくのって、その子供にも相当な負担がかかるし、先生や親にもかなり負担がかかると思うのね。

あーちなみに。
自閉症についてはあんまり詳しく説明できないけど、ADHDの説明をちょこっと入れると。

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)
注意力や集中力を持続するのが苦手で、人によっては多動などの障害が出る脳の障害の一種。
遺伝や、出産時の酸欠などが原因と考えられていて、多くは先天性。
交通事故などによって脳に障害が残り出る場合もある。
成長とともに症状が軽くなっていくケースも多くある。

LD(学習障害)
Learning Disorder…医学用語
Learning Disability…教育用語
意味は同じだけど、言いかたが違う。
学習におけるある一部のことが著しく苦手
たとえば、俳優のトム・クルーズ(だったと思う。人違っていたら本当にごめんなさい…)はLとRの区別がつかないと言われていて、映画などの台本はマネージャーさんが読んでそれを覚えていると言われています。
あとは、アインシュタイン。東大の教授の多くはLDであるという話もよく聞きます。
そういう脳の障害。


こういう、障害者と健常者の境界線があいまいな障害なので、なかなか障害を受け入れてもらえないとかいう現状もあるようです。


あたしの知っている例でも、ADHDの疑いがあるという子供がいましたが、医師の診察を受けて診断をもらったわけではないので、親御さんは障害はない、普通の子だと言って普通学級に通っていたのですが、授業中に飛び出したり、奇声を上げたりってしばしば学級から逸脱することがあったそうです。
そういう子を間近で見ていて、クラスになじみきれないその子をうまくカバーしつつ、先生と親御さんとの連携、そして、周りの人のストレス軽減などができるようになれたらいいと思ってカウンセラーを目指しはじめたのが、今の勉強をするきっかけだったんですが。

実際、担任の先生の話を聞くと「その子のためだけに授業を中断、というわけにもいかないし、でも、放っておけば授業を妨害することもあるから、最終的には教室から飛び出すのを待つ(要は教室から飛び出してしまう)ようにその子に圧力…っていうかプレッシャーをかけたりしてしまっている」という風に言っていました。
でも、その先生のやってることが絶対悪い、とは言い切れないんですよね。
もちろん、いいことをしているわけではないですけど、まず学校の体制がなっていなくて、常駐はもちろん、巡回のスクールカウンセラーもいないがっこうだったし、何より転任1年目のまだ学校に慣れていない先生にそういう子供のいる学級を任せている(むしろ押し付けているともいえるのかもしれないですよね)っていう現状だったし、ADHDの子供って、突然切れだしたりすることもあるんですね。
もちろん、切れる理由っていうのはあるわけなんですけど、ほかの子供よりもはるかに繊細にストレスを感じ取っているので同じクラスの子供に石を投げるということもあったそうです。
それで、ストレスを溜め込んでいた担任の先生は、髪の毛が抜けてしまったりしたそうです。
先生、生徒、互いにストレスを溜め込んでしまってうまくいかないっていうことがそこでは起こっていたようです。

教壇に立つ側の人間には限界がある
それを切に感じた時でした。
だから、あたしは教壇に立つ仕事を目指すのをやめたんですけど。


だけど、すごく個人的なことを言うと、その子、たぶん家庭の中で大きなストレスを感じていて、それを教室でぶつけているっていう印象が強かったんだよね。
親御さんにもお会いさせていただいたけど、そんな気がした。

その子の場合は、認知欲求の示しているところもあるんじゃないかな…と。根底に障害があるのかもしれないけどね。


できればもっと長い間その子に関わってみたかったな。そうしたらもっと色々見えてきたのかも。



そーんなことをドラマを見ながら考えていました。


でもね、一番に思うのは

親が子供を愛してあげることが大事

障害を持っていても、いなくても、それを子供に伝えてあげるかあげないかで大きく違ってくる。
わかっていても、難しいことなんだろうな、きっと。
関連記事
[ 2006/09/09 03:20 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/129-f5e3c349