心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

冥王星の降格と占星術。

冥王星のわい惑星(わいっていう漢字が出ないし…)決定。
なんか寂しいねぇ。
色々なところで影響が出ているみたいですが、一番イタかったのはアメリカなんでしょうねぇ。
唯一アメリカが発見した太陽系惑星だったんですから。
あおして、冥王星の和名も変えなくてはいけないのかっていう議論もあるそうですね。
天文学会は忙しいですねぇ。

ところで、冥王星が抜けることで占星術はどう変わってくるんでしょうか。
雑誌でも良く出てるゼロ学占星術には、やっぱり冥王星ってあるんだよね。
惑星から外れたら、冥王星人ってのもいなくなってしまうのかしら…

そう考えたらさ、星占いもそうだけど、占星術っていうのもなんだか当てにならないなぁーって気がしています。
今まではあたし冥王星人だったのに、冥王星が惑星ではないと国際天文学会(だっけ?)決めたときから冥王星人はいなくなってしまうとかだったら、冥王星のナントカパワーが…とか言っていたのは一体なんだったの?って気分にならない?
蛇使い座も然りだと思う。
その星は本当はあたしに力をくれてなかったの?
ってことよね。
さらに、冥王星が抜けることによって、今あたし火星人なんですが、違うのに変わったとしたらそれを信じていいの?

そんな疑惑がかかるなぁーと思う天文学ニュースでした。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jukey.blog63.fc2.com/tb.php/122-4c2f7618