心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

ある日の兄弟の会話

mixiと同じ内容で申し訳ねーですが。


先週始まったF1についての会話。
今シーズンはレースのデットヒート性?を重視して
またルールが変わったとかいう話をしていたんですが。


弟「ターボみたいなのを積んでいいことになったらしいよ」

俺「それって『ニトロON!!(逮捕しちゃうぞ)』的なことをやってよいと?」

弟「そんな感じ?でも、3チームくらいしか積んでなかった。曲がれなくなるから危険とか。」

俺「とうとうコーナーをショートカットする時が来た?」

弟「リアルにやったらペナルティだけどね」

俺「そしたらホームストレートくらいでしか使うとこなくない?」

弟「実際ハミルトンがホームストレートで使ってるのしか見なかったし」

俺「じゃあむしろキノコ的な…」

弟「そのうちカメの甲羅とか投げる?」

俺「アイテム使用解禁wwwwww」


途中で話がマリオカートに変わっていきました。
つか、どうみても変えたの俺だ。


またある日。
B型家族の家の中はカオス空間という話をしてた時。

俺「家族全員B型です。って言うと大抵の人が引くよね」

弟「もうそれが普通だと思ってるから分かんないんだけどね」

俺「"塚"という概念はないらしいよ」
(※塚=洗濯済みの衣類の山。各自で部屋に持ち帰る)

弟「俺の友達の家はみんなもっと散らかってるけど」

俺「それ、主に今誰のこと言ってます?」

弟「●い●●。」

俺「でーすーよーねー」

弟「俺の部屋がMAXで散らかってる時の3倍は散らかってる」

俺「足の踏み場は確保どころの話でねーな」

弟「基本つま先立ちで歩く」

俺「塵も残さなくていいか?」

俺・弟「浄破滅焼闇!!!」(シンクロ率765%)

部屋が片付かないね、という話のときなどは最後必ずこの秘奥義で締められます。お約束です。


あと、最近我が家ではブラッディマンデイが大流行してるのですが、弟は話がわからなくなると人物相関図を書き始めます。
その横に「雷鳴ゴロゴロどっかーん!!」という落書き。
その下に雷を食らうピカチュウ。
その雷鳴を起こしてる雲に『(健)』の文字。

お前の頭に何が起きたwwwwwwwwwwwwwwwww
つか、どんだけドロワットお気に入り。

弟に「何これ、考えるの放棄?」と聞いたら

「佐藤健がピカチュウにサンダーブレードの図」

なんか色々末期ですね。
スポンサーサイト



[ 2009/03/31 14:48 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

【TOA】アニメ最終回

最終回でしたね。先週。

今日やっと見ました。


最後なのでもうヴァン戦と2年後の話しかないわけですが、

ゲームでは操作キャラでないと出てこない会話がちょろっとだけありますた。

ガイとか、ガイとか、ガイラルディア。

でも、「お前の剣はアルバート流、おれの剣はシグムント流。

どっちが優れているのか勝負をつけようぜ!」

はさすがに聞けませんでした…残念。

あと大佐が眼鏡をくるくる回すところ。萌え。

眼鏡外すとよりお若い…


そんなこんなで、

尺の都合とかで、縮められたところは多々あったけど、

ほとんどがゲームと同じセリフで結構感動。

DVD買いそうな勢い…いやダメだ。
[ 2009/03/30 13:08 ] 趣味に関すること。 | TB(0) | CM(0)

血も滴るイイ女。その後。

一昨日、夕飯作成時に指を切って、包帯ぐるぐる巻きになったわけですが。

昨日は、協会主催のセミナーやらオフ会やらで、

久しぶりに一日フル稼働しました。


あの怪我は結構オオゴトだったようで、

親におとなしくしてるのが正解だと思うと言われたんですが、

どっちも楽しみにしてたので、

自分としては逝く行くっきゃありません。


で。

帰ってくるとき、

電車の中で貧血やら緊張がほぐれ始めたやらなんやらで

思いっきり酔いました。

酒飲まなくてよかった。


そして今日。朝起きたら

包帯に血がにじんでました。



衛生兵、衛生兵――――――!!
[ 2009/03/29 16:52 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

自分の指を削いでしまいますた

20090327220100


今日の夕飯を作成していたときのことです。

今日は、春雨入りギョーザが食べたくなったのでその材料を仕込んでいました。

軽快ににらを千切りにしていたんですが、

だんだん軽快さが増してきてですね、

いい感じにトントコ切っていたら…





…ざっくり。











…あ―――――――――。













「血がっ。血がぁぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁぁぁああああっっ!!」











大変っ。食材に血がかかるっっ!!


つわけで、止血作業に急きょ取り掛かったわけですが、

本当にざっくり切ってしまって、

左手人差し指の爪が1/3くらいなくなっているではありませんか。

血が垂れ流しになってるのを気にしつつ

生きてる右手で爪を発掘。


あ―――――。

これ食うのはちょっと気がひけますねぇ。

でも、火を通せば…


それよりも、この血です。血。

なんとかせねば。

水仕事なので血がなかなか止まりません。

が。

とりあえず絆創膏ぐるぐる巻きで止血を試みました。

これって、どのくらいで止まるんだろう…

っていうか、あんまり長時間こんな状態だと

俺の指が死んじゃう…かも。



そんなこんなで、

一人でひとしきり大騒ぎしながら夕飯作りをしてたんですが

母が戻ってきてまた大騒ぎ。

「そういう時は連絡くらいしてきなさいよ!!」

と怒られ、

んで、事件発生から約2時間、

未だ出血止まらず。




……



本格的にやばそうです。


あわてて母親が救急箱を開けてみましたが、

消毒薬は軒並み賞味期限切れ。



うーあー。



我が家の非常時への対策不足、というか

ずさんな管理体制が露わになった瞬間でした。


なので、ダッシュで弟に買いに行っていただきました。

そして、母親が慣れた手つきで包帯を巻いてくださいました。

弟がアトピーで小さい頃から包帯ぐるぐる巻きにされていた経験が

こんなところで役に立ちました。

家族ありがたい。

それで、出来上がり図が、冒頭の写真。






血がとまって数時間たちましたが、

いよいよ指が痛みだしました。


これ…お風呂入るときどうしましょう…。

絶対痛いよ…

そして、

これ、ちゃんと治るんでしょうか…








話は変わりますが、

今日のルパンvsコナン。

どこにじゅんじゅんがいたんでしょう…

グリリバに気を取られて気がつかなかった…
[ 2009/03/27 22:01 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

アンカリングについて。

以前いただいた音声送信の記事の中にアンカリング

という言葉をちらっと見かけたので、触れてみようと思います。

とりあえず、アンカリングというものの概要はwikiで

wikiに書いてあるものが結構小難しいのでわかりにくいんですがぁ…

アンカリングというのは別に犯罪用語とかではなく、

心理学的な用語として用いられます。

アンカー…これは船の錨という意味で、

留め金とか固定させるものっていう意味もあります。

つまりアンカリングとは、錨をおろして船を留めるところから転じて、

ある条件が起こるとそれに対する決まった反応を示す。

とされています。


(…なんで、今更こんな事を書いてるのかっていうと

まぁ私が心理方面はいちお訓練も受けてるので…ね。

そんな犯罪に使われるのとか、アンカリングに対してマイナスイメージばかり

もたれるの怖いな、と思ったからなんですけど。)


心理学を勉強すると必ずと言っていいほど出てくるパブロフの犬

アンカリングを調べているとよく見かける実験例だと思います。

参考までにさらっといきますと、

(若干正確ではありません。意訳と思ってください。知ってる方は飛ばしてください)

パブロフという人は犬に餌をあげる時、

犬がパブロフさんの持ってきた餌を見て、

よだれをだらだらと垂らしながら待ちわびていました。

それを見たパブロフさんは、

「私がこれを持ってるから餌をもらえるとわかって喜んでいるらしい。

じゃあ、これを持ってなくても餌をもらえる時間だとわかったら、

こいつはどうするだろう…?」

と思い立ち、餌の時間になるとベルを鳴らして、

それから餌を与えるという試みをしました。

それをしばらく繰り返したのち、

パブロフさんちの犬は、ベルを鳴らしただけで餌だと気づき、

ベルが鳴るとよだれを垂れ流して待っているようになりました。



とこういう実験です。


つまり「条件Aを起こすと、反応Bが起こる」

という公式っぽいものにすることができます。

たとえば「掌に”人”と書いてのみ込むと、緊張がほぐれる」みたいな。

臨床心理の場面では、カウンセリングの中でこういう誘導を起こし、

本当に掌に”人”って書いてのみ込むと緊張がほぐれる…様に思いこませる

(思い込ませると言ってしまいました…失言ですがまぁ、間違いではない)

という療法を行ったりします。

なので、これを応用すると、

「携帯電話を何やら操作してる人を見ると、自分に何か送信されてしまう」

とか

「車の急ブレーキ音はあなたを殺そうとしているサイン」

とか

そんな風に条件づけてしまうこともできてしまうので、

悪用する人も多いのかもしれませんねぇ…


ちなみに、臨床に携わる方の実践例として、

ある行動を取ると緊張がほぐれるという条件づけをしたそうなんですが、

そのある行動って言うのが、相談者さんの癖である「鼻を掻くこと」だったそうで、

その相談者さんは大勢の人の前で話すときにそれを実践したところ

確かに緊張はほぐれたけど、見た目によろしくないので他の行動にできませんか?

と言われたそうです。

その後、その相談者さんがどうなったのかは知りませんが…ww

【TOV】追憶の…

ようやくEXダンジョンに来たんですが、

あの追憶のナントカ…別に強くはないのですが、

面倒くさいです。

いや、今まで戦ったボスともう一度戦えるのは楽しいんですがね、

なにあの最強コピペダンジョン。

ついにダンジョン作るのやめたですか765…


…でもって。

結局、ここに着くまでにレベルが200になってしまったために

スキル1ダメージをつけて闘っていたんですが

(もちろん、ボスに遭遇した時は戻しますが)

しゅばーんのときだけメニューが開かないアレ…何故

おかげで1軍は1ダメージのまま戦闘に突入。

負ける気はしませんがえらい時間がかかります。

なんたって100万回叩かなければならないわけですから(涙)

当然飽きました。20万くらいで。

何かいい方法はないかーってしゅばーんフルボッコにしながら考えました。

ちなみに弟も参戦しておりました。

つか弟のデータに私が参戦していた状態です。正しくは。



…あ。

とりあえずこの戦闘から逃走できるよ?



とりあえず逃げました。


で。



…あ。

2軍は1ダメージつけてなかった……よね…?



というわけでサプライズエンカウント、してみた。

―――――!!



よかった!2軍はフルダメージ!!

これでしゅばーんと1時間くらい戦闘しなくて済むよ!!




スキル「1ダメージ」は使いどころを誤るととんでもないことになりますよね。

ぜひ、皆さんも気を付けてください…

ついでに。


あのなんとかガルドを集めるのに5?6周しました。

面倒くさい。

全部ボスにしやがれ。
[ 2009/03/27 11:17 ] 趣味に関すること。 | TB(0) | CM(0)

【ラノベ】人類は衰退しました1・2巻

「2008年大学読書人大賞でラノベから唯一5位入賞」

という輝かしい帯がついてる本です。

私はタイトルに惹かれました。

イラストも好みでした。


という感じで衝動買いをしてからずいぶん経ってしまいました。


で。ようやく読んだんですが。

思ったとおり、私好みでした。

なんですぐにやる気を起こさなかったんでしょうね…


そんなわけで、さらっとあらすじと感想文です。



私たち人間はゆるやかに衰退を迎え、

どうやらこのまま絶滅の途を辿ることとなりそうなそんな時代。

文化レベルもどこぞのRPGにでてくる村のような状態で、

人々は自給自足の生活なんかを送っています。

そんな中台頭してきたのが『妖精さん』たち。

現在、人類というものは彼らを指す言葉になっているようなのですが

人間も人間で絶賛活動中。

そのため、人間と妖精さんたちの間でいざこざが起きることも

間々あったようで、国連調停官というお仕事が設けられました。

主人公の人間はこの調停官のお仕事をとおして(?)

妖精さんたちと交流を試みます。

そして思惑通り妖精さんたちに受け入れられたわけですが

そのおかげでしばしば妖精さんたちの起こす気まぐれに巻き込まれ

大スペクタクルな冒険に出ちゃったりもします。

そんなきままに不思議生命体な妖精さんと調停官の人間のおはなし。



…ということで、主人公は人間ですが、物語の主体は妖精さんのようです。

視点は人間視点で語られます。たまに妖精さん視点。

この妖精さんがなかなかステキな生き物で、喋り方も

「おでかけですかー?」「ぼくらもいきたーい」「ついていっちゃだめです?」

など、ほぼすべて平仮名です。

なので妖精さんが一斉に喋ったりすると

とても読みづらいです。

しかし妖精さん、なかなかに賢く、

人間単位で1日でメトロポリスを作り上げてみたり

ペーパークラフトの恐竜がはびこったり

お菓子が食べたいからって作る人員を調達してきたりと

いろんなことをやってのけます。


ただ、これは妖精さんがいっぱい集まってないと起こらない現象で

妖精さん一人だと、特に何も起こらないらしいです。

なんだか、2ちゃんの祭りのような感じです。

面白そうなところにわらわら集まってはいつの間にか解散。

こういうノリと勢いだけでやらかしちゃうのも私は好きです。

基本、妖精さんの生態は私のフィーリングに合っているようです。

伏線もちらほら見え隠れしますが、

単純に一種のファンタジーとして読むのが個人的にはお勧めです。

考えるな、感じるのだ。的な。

(最近この言葉流行りですか…?)

あとは、1巻を読んだあと、結構「その発想はなかったわー」と

大きなショックを受けるのですが、2巻にはすでに免疫ができてるので、

序盤に「その発想はなかったわー」と思うところがありますが、

後半、ちょっとダレます。

というか、後半はお話自体が間延びしてます。

気の短い私なんかは「もうこの文章飽きた…」ってなります。

まぁ、なぜ飽きるのかは読んでのお楽しみということで。

でもね、まさか小説でその間延び大作戦をやってしまう

なんていう発想も私個人としては新しいので

読み疲れつつ「その発想はなかったわー」と思いました。



総評して

その発想はなかった。

っていう作品です。


人類は衰退しました1巻

人類は衰退しました 2巻

人類は衰退しました 3巻

人類は衰退しました 4巻

【モバイル用】人類は衰退しました

参考までにwikiも。
[ 2009/03/26 13:55 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

思い切って前髪を切った。後日談

近くにコンビニにタバコを買いに行ったら

「身分証の提示をお願いします。」



…そうきたか。
[ 2009/03/25 10:20 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

思い切って前髪をきった。

どうしたの?って聞かれたかったわけではありませんが。

じゃまだなーって思ったのでばっつり。


そしたらさ…


案の定切りすぎたんだよねorz


ホント、ばっつり。

そして眉上になった…不自然すぎる。
[ 2009/03/24 10:56 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

【ラノベ】エクスプローラー 覚醒少年

最近よくラノベを読みます。

マイブームのようです。


前回の感想文は個人的に出来がいまいちだったので

やっぱり普通に書くことにします。



主人公の少年エクスプローラーというサイトで

依頼人から探しものを請け負うエクサーという仕事で

日々食いぶちを稼いでる高校生…つまりは非合法っぽいサイトなんですが。

探しものは多岐にわたり、

エクサーのランクに応じて請け負うことのできる仕事が変わってくる。

中には表ざたにはできないヤバいものも…

…っていうか結構そっちの方がメインな感じ。


で。

ある時そのサイトに「宇宙人に化けた人間を探しています」

とかいうニッチな依頼が舞い込んできます。

その依頼に半信半疑ながらも首を突っ込んでしまった透は、

そこから、次から次へと面倒事に巻き込まれて…


といったお話。


ただただ依頼を解決していくっていうお話ではなく、

透や、他の一部のエクサーたちが持っている体質異常、生い立ちなんかが

絡んできて、後半にはいよいよ話が複雑化してきます。

文章は透目線の第3者の文で、よくあるノベルの形式。

お話の都合上、透目線でないと状況の全体像をつかみづらいです

ざっくばらんに言えば裏サイトのおはなし、

という設定で割と読みやすいかもです。

(あたしが感想文を書くと読みやすい、という言葉が頻出する気が…)

あぁ、あと某大人めいた子供がやってる少年探偵団な要素も

見て取れる気がします。

探偵ものではないので、推理する必要はありませんが、行動が、ね。

年齢不問の少年探偵団。武器あり。強盗あり。要するに違法。

あとたまに人も死にますが、そこはあまり重要事項ではないようなので

さらっと、描写も流れていきます。

あくまで、透たちの存在というところが焦点になるようです。

ラノベの中では改行が少ない方な気もしますので

割と文字の支配率高めです。読みごたえあります。

本の詳細。

エクスプローラーシリーズwiki
[ 2009/03/19 12:01 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

こんな投稿をいただきました。

以下、引用。

-------------------------------------------
タイトルなし
皆さんは集団ストーカーという犯罪をご存知でしょうか。
まあ、犯罪というより拷問なんですが。

集団ストーカーというのは特定の一人の人間に対して
電磁波等の目に見えない兵器で攻撃したり
大人数でその一人に対していろいろな嫌がらせや
犯罪をしたりするとてつもなく悪質な犯罪のことです。

電磁波等の兵器による攻撃はその特定の一人以外にも
他の大勢の一般の人達もされてるのかもしれません。

この兵器を使えば、人の感情を操作したり
相手に考えさせたいことを考えさせたり
頭や体にダメージを与えたり、頭をはげさせたり
外見や精神をおかしくさせたり、精神病を起こしたり
とんでもないことがいろいろできるみたいです。

自分はこの集団ストーカーの標的(ターゲット)にされてます。
今も、こういう兵器でいろいろな攻撃をされてます。
電磁波等の兵器で24時間自分の考えを読まれて
考えたことに対して頭に直接返事をされてます。
音声送信というんですが、口で言わなくても相手の頭に直接声を
聞かせられる機械があるみたいです。
実際に耳で聞くのとは違って
この音声送信はかなり気持ち悪い感じです。
他にも、ほのめかし、ノイズキャンペーン、ガスライティング
アンカリングなどされてます。
インターネットで調べてもらえば分かると思いますが。

この犯罪はまだ国に認められていません。
こういう兵器のことを認めている国はいくつかありますが
日本ではまだ認められていません。
アメリカではギャングストーカーとか呼ばれてるらしいです。

こういう兵器や犯罪をこのまま野放しにしておけば世界が
滅亡してしまうかもしれません。

自分はこの兵器や犯罪のことを警察に何とかしてくれるように
頼んでるんですが、大体とぼけたりはぐらかされたりされてます。

皆さんも警察や大企業や団体、組織などいろいろなところに
何とかしてもらえるようにいってもらえないでしょうか。
自分ひとりではほとんど意味がないかもしれませんが
大勢の人で協力すればこの兵器や犯罪の問題を
何とかできるかもしれません。

皆さんも自分自身や世のため人のために、この兵器や犯罪の問題を
解決するためにひとりひとり何か行動してもらえないでしょうか。
お願いします。
ttp://denjihaheiki.jugem.jp/

---------------------------------------------
引用終わり。


始め見たときには、何かの悪戯かと思いびっくりしました。

コメントがえらく長いし。

これをコメントとして認証するかどうかはすごく迷いましたが、

先方と連絡を取り、記事として掲載する方向にさせていただきました。

それにあたって私も少し音声送信について検索をかけてみましたが

予想以上に、これについて悩んでいらしゃる

という方のブログを見ることもできましたので

半信半疑でかかった今回のことですが、本当にこんなことがあるんだなってことも

わかったので、記事を書いている次第です。

一応、音声送信というものについて、かるーくですがwikiに記載があったので

wikiの記事。

他にもいろいろな手法について触れられていますが、

聞きかじり程度でいろいろ書くのは怖いので、これだけにしておきます。


また、今回、この記事ではコメントおよびトラックバックを受付いたしません。

私のところにそういった関連事項を集めるよりは、

このコメントを送ってくださった方の方に直接集めたほうが、

ご本人的にも勇気づけられるでしょうし、情報も集まりやすいんじゃないかと。

この記事に関連することを私の方へお知らせいただける場合には

ぜひ、メールフォームから、お願いします。


あぁ、そうだ。

現在、先方のブログ(引用文中に記載)も稼働中ですので、

よろしければ目を通して差し上げてください。



【追記】

今回いただいた投稿に書かれていた用語について

ばばーっと説明が載っているページを発見いたしましたので

参考までに。

ttp://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_Glossary.htm
[ 2009/03/15 13:40 ] 日記。 | TB(-) | CM(-)

カレー…ブームなんですか?それともパk…


今日、スーパーでこんな物を発見しました。

カレー春雨という新商品があるらしい。

最近は何でもカレーとコラボさせるのが流行りなんですか?

しかし、これはマーボーカレーという食べ物をすでに知っている管理人としては

明らかにそれのパクリなんではないかと、思ってしまうわけです。


ついでに、マーボーカレーについてネットをフラフラしてたらこんな記事を発見

松屋の麻婆カレー試食レビュー(「Gigazine」さんより)

すでにパクられていたんですね。

現在、これはメニューで見かけないんですが、期間限定だったのかしら。

そもそも1年も前の記事だしね。


ちなみに、昨年末に一瞬だけ売られていたサークルKサンクスとコラボした

公式のマーボーカレーもそういえば食べましたが、

あれはカレーがメインな感じでした。

個人的にはマーボの比率が高い方が好き。
[ 2009/03/13 14:15 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

【ラノベ】神様ゲーム-カミハダレニイノルベキ-










「そういうわけで、人類の未来はあなた方に託されました」

大の大人が口にした内容の荒唐無稽さに二の句がつげなかった。









神様とのゲーム。

内容は…かくれんぼ

こちらの条件は「ハンターは叶野学園の生徒であること」

向こうの条件は「範囲は叶野学園内であること」

「その間姿は変えないこと」「姿形は人間と同じであること」

クリア条件は「神様を発見し、名前を呼ぶこと」

クリアした者には豪華賞品(神様の楽園)が与えられ、

誰もクリアすることができなかった場合、ペナルティとして

地球の軌道が変えられてしまう。

要するに、地球が存続の危機に瀕する。

それがどうやら本当らしく、大人が焦っている、という状態のようだ。








「僕は何も感じない。心の無い、欠陥品だ」

「女に生まれたいわ。だって…」

「…僕には味方してくれなかった。」



『神よ、救いたまえ』



神様(わたし)はいつもテレビを見ている。

見ているだけ。

すべての人が愛おしいから私は誰も救えない。

それでも人々は毎日祈る。

それなら、私はだれに祈ればいいのだろう









しかしただ神様を探すだけでは物語は単調なもので、

きちんと別の伏線が張られています。

この伏線はとても読みやすく作られているので、

ミステリとかではなく、非日常系学園ファンタジーですかねぇ

(ファンタジーの時点で非日常、という突っ込みは受けない。)

この学校の在り方にいろいろ突っ込みたいところはありますが。

コミック化もされているようなので、

活字が嫌いな方はそっちをチェックされても良いのではないでしょうか。

文章トリックはないお話なので、たぶん漫画でも読みやすいんじゃないかしら。

個人的には、割と好きなジャンルです。


神様ゲーム(ノベルの方。)

神様ゲーム (コミックの方)

どうやら本人の公式はないらしいので、いちおwiki
[ 2009/03/11 13:30 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

読書メーターなるものを始めてみました。

こんなサイトがあったんですね。

自分の読書記録にもなるので、登録してみました。

まだ、今まで読んだを登録しただけなので

グラフとかまったく機能していない状態ですが

よかったら覗いてみてくださいね。

http://book.akahoshitakuya.com/u/16245

お気に入り登録やらなんやらな機能が付いているようなので、

似たようなジャンルが好きな方はぜひお友達になりましょうっ!!!
[ 2009/03/10 12:56 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

あばた変えてみた。

突然思い立ったようにアバターの画像を変えました。

今までのヒナも好きではあったんですがね。

今回はちゃんとフォトショップで色塗りをしたため、

合計で10時間強、かかってると思われます。

ただ、顔以外の場所(実は全身描いた)は

途中で根気が切れたためただ塗っただけ。


顔の部分は、各パーツ(?)3枚程度レイヤーを重ねて

影だったり、ハイライトだったり入れてます。

各グループ、描画はベースを通常とその上に乗算で重ねてるので

基本単色で塗っています。

本当はもう少し光とかきれいに入れたかったんですが、

途中でオイラの電池が切れた。
[ 2009/03/09 16:19 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

サラダスイーツの「グラン・コトジ」

ホムペがなくなってるんですが・・・

まさか…


倒産…してないですよね…?



2月末の時点で行詰るというような情報が…

嗚呼。
[ 2009/03/06 15:48 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

【トラバ】好きな色は何色?

普段、トラバとかめんどくさくて見もしないのですが、

今回はちょっと興味あるテーマだったので。

テーマは『好きな色は何色?』です。


よく「ピンクっぽい」と言われますが、

個人的に好きなのはやっぱですかねぇ。

あとは青系が好きだったりします。

ピンクも好きだけど、身につけることはあまりないです。

自分の肌の色と合わないから。


で。ですが。

あたし個人がヴィジュアル系とかが好きなのもあって

とかシルバーはロックな色っていうイメージもあるんですが、

一番思うのは、=最強みたいな。

あとは大人っていうイメージも。

割と良い意味でをとらえてる方だと思うんですが、

って結構いろいろな意味があるんですよね(カラーセラピーで)

カラーセラピーの場ではあえて黒って進んで出さない色…というか

だいたいどのセラピーの本を見ても黒って載ってないんですが、

これは黒という色の力が強すぎるからなんだとか。

(どっかで書いた気がするなぁ…まぁいっか)

いろんな色の絵具を混ぜていくとだんだん黒に近くなってきますよね?

そこから来てるのか、「黒はすべての色を吸収した色」という風に考えられてるそうです。

無彩色だし、色の中で最も暗い色なので、ネガティブなイメージの方が

浮かびやすいかもですが、黒には「高貴」とか「意志の強さ」という意味も

含まれているんだそうです。

なので、そっちのイメージで私は好きですねぇ、黒。

ちなみに、青も似たような理由です。

大人っぽい、というかクールなイメージで好き。

似合うかどうかはまた別問題ですが。
[ 2009/03/06 11:21 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

実写版映画 ドラゴンボール

3月13日(だっけ?)に公開を迎えるらしいので

間近に迫ってきましたね。

個人的にはいろいろ突っ込みどころ満載っぽそうなので

見てみようかな、と思ってるんですが。


一番気になるのは吹き替え版のキャスト

今更確認しました。

まさかまさかオリジナルキャストが当ててくれたら

ギャップありすぎて笑い死ねるのに、

って思っていたんですが、やはりそんなことはないようです。

孫悟空:山口勝平
ピッコロ大魔王:大塚芳忠
亀仙人:磯部勉
ブルマ:平野綾
チチ:小清水亜美
マイ:甲斐田裕子
孫悟飯:石丸博也
ヤムチャ:江川央生
ナレーション:小山茉美



もうこの時点で突っ込みどころ満載ですが

勝平さんかぁ…。

個人的には好きなのでよいかな。

あと大塚芳忠さん。個人的に好き。
[ 2009/03/05 16:09 ] 日記。 | TB(0) | CM(2)

娘の逆襲。

最近我が家ではコレステロールだの血糖値だのを

気にする輩が増えております。

まぁ、両親ともにアラウンド50ということで

当然と言えば当然なのですが。

さらに母親は慢性肝炎という向かうところ敵なしな

持病をお持ちなので

酒を飲まなくても、暴飲暴食しなくても

コレステロール値は通常の人間の遥か上空をぶっちぎっております。


…ので、低コレステロール料理というのは

普段から心がけているんですが

今度は父親が血圧だなんだが高いとかで

あたしの作る御飯がしょっぱいだのなんだの言って

残しやがります。

かと思って薄めに作れば味がしないとか言って

醤油を振りかけやがります。






お前…血圧ぶっちぎって逝っちまえよ!!


と思うのですが、

さすがに醤油殺人とかしたくはないし。

でも腹立つし。


そんなわけで、

娘は毎日精進料理張りの献立を並べ

食卓から醤油と塩を撤去するという逆襲に出ました。

ちなみに、1色のカロリーは500kcalという

なんともダイエットメニュー。


文句は言わせねぇ。

早死にしたくなかったら言うことききやがれ。


てゆーかですね、

父の実家では味噌汁に塩入れるですよ!!!

そりゃあ血圧上がるっつの。
[ 2009/03/04 14:21 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

パスタはキレイに3つに折れるといいますが。

さっきお風呂を洗っていたら、

ブラシが折れたんだ。

しかも、柄の部分は奇麗に同じ長さに折れたんだ。

物理の不思議。

20090301181358




話は全然変わりますが、

昨日、初めてペルソナラジオ聞きました。

ゲスト・緑川氏の回。

とても子安さんがご機嫌麗しい様子で何よりでした。

でもって、「ぺーるーそーなー かくせーい」で

いろいろ降臨していらして、改めてプロはすげぇ…

と思った次第です。

そして、岡本君がかわいすぎて仕方ない感じです。

ぶりっこアイドルはかなりツボでしたが、

力士にはかないませんでした。

流石です。



でもって、今日、隠の王DVD8巻が届きましたー♪

あと1つで終わりですね、さみしいですね。

今回のオーディオコメンタリーはつだけんさんと諏訪部氏と岡本君です。

ついに来たよ、この回が!!

聞くの楽しみだよ!!


【清水家が】DVD隠の王8巻【目印】

他の巻はこっち。

原作はこっち。

アニメオフィ。(BGMがながれるよ)

本誌のオフィ。

ついでなのでwebラジオもどうぞ。

[ 2009/03/01 18:14 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)