心理カウンセラーの心理学小話と日常の備忘録

言花屋ブログ 心理カウンセリング小話

テンプレート変更?☆

シンプルなものに変えてみました。
ついでに3カラムにしたかったので、それを探して。

うんうん。質素? 笑
これでうちのパソコンでも表示が速くなりますわ♪
スポンサーサイト



[ 2006/09/26 19:45 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

『変わる』ということ。僕の大切な「 」へ。

約10日ぶりとか久しぶり過ぎ。あーしっかりしなきゃ。

就職が決まって、研修もあと1?2日。これが終わったらあたしはホントに社会人…。うだうだできなくなるな。

色々決断することがあったから、今まだこれで良かったのかなぁーってぃう思いもあるけど、自分なりに納得のいく事態になったんじゃないかな、と。


色々決断したことによって、あたしはこれから沢山のことを改めて行かなきゃなって思った。
そして、日々精進。努力のしない人間なんて吐いて捨てるほどいますが、すべて因果応報。
あたしみたいに育ちの悪い人間はどこまでも貪欲であるべき。ザ・雑草魂。

【一度綺麗にしてまたぶちまけるよ
僕らは泳いで逃げるから君らは対岸を走ればいい】
以前にも日記かブログかで書いたけど、あたしは先に行ってるから。
世の中に悲観的なお前ら、いつまでもそこで傷を舐め合ってろよ。


そぅ、改めて決意したのでした。



しかし、しばらくダーツ投げれないかもなぁ。
それはそれでストイック。
[ 2006/09/25 15:42 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

死刑確定しましたね。

オウム真理教の教祖、松本被告に死刑が確定しました。
逮捕されてからもう10年も経つんですね。
死刑判決が出たときの松本被告の言葉は「チクショー!!」だったそうで。そんなこと言ったって、それだけたくさんの人の命を奪っているのだから…ね。
松本被告が死刑になって死んだからって奪われた命は還ってくるわけではないし、ましてや、残された家族の方々は、その痛みをまだまだ背負っていかなければならないしさらに、『地下鉄サリン事件』が一体どうして実行されたのかは、謎のまま裁判は終わってしまうということで、解決したのか何なんだかがちょっと曖昧にされてしまったような感じです。
教団自体も、名前が変わったけどなくなってないしね。
いつまたこういうことが起きるか…っていう不安もあるよね。


そしてもうひとつ。
死刑判決や、ライブドア直接対決!!などの裁判事や、紀子さまのご退院とかの大きな話題の中で、あまり目立たなかったけどこんな記事を拾ってきました。【読売新聞より】

『手紙に「ウザい」精神的苦痛に』
中学時代に同級生の女子からいじめを受け神経症になったとして、東京都内の中学校に通っていた少女(17)とその母親が、同級生とその母親に約175万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、東京地裁であった。

 金光秀明裁判官は、同級生の言動のうち、「ウザイ」などと書いた手紙を出したことについて「精神的苦痛を与えた」と認め、同級生に10万円の支払いを命じた。

 判決によると、2人は小学校時代からの同級生で、2002年に中学校に進学した後、急速に仲良くなった。頻繁に携帯電話やメールのやりとりをしたり、一緒に登校したりしていたが、同年秋ごろから次第に仲が悪くなり、少女は翌年6月には不登校に陥った。


『ウザい』って言葉を日常的によく使う世代です私たち。
でも、これって、マジに言われたほうがどれくらいイタい思いをするのか…お金ではかるならこれくらいですが(それでも安くはないよね)実際こういう手紙を送られてそれを苦に自殺してしまっている人もたくさんいるんですよね。
もう、最近はちょっとやそっとのいじめではメディアに取り上げられることなんてほとんどないけど、すごく減ってるわけではないそうだし。
どっから、こういう言葉が日常で飛び交うようになってしまったのかしらね…
気をつけなきゃっ。
[ 2006/09/16 02:01 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

かしこさんを探せ!!

昨日、ダンドリを見ていて、お母さんと一生懸命かしこさんを探していました。エンディングでどーしてもかしこさんが探せなくて奮闘し、とうとう公式ホームページから探すと言うマニアックな行動に出ました。

木南晴夏ちゃんというそうです。

ふぅーん。そうなんだぁ。
[ 2006/09/13 21:24 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

昨日の(というか今朝の)は書きすぎた。

そんなに気合入れて書いていたのか…。

それに関する言葉で検索引っかかってきてくださってる方も結構いらしたのであたしとしてはこのブログで書いてることが少しでも何かの役に立てればそれは嬉しいことです。

でもな。浅はかな知識の羅列ともいえなくないから、もっと勉強しないとなぁって感じた。



話は変わりますが。
[ 2006/09/09 17:42 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

軽度発達障害

これに関する過去ログを、前の日記に探しに行ったんですが、どうやらその前に使っていた日記のようで探せませんでしたorz

最近『光とともに』を再放送でみています。
自閉症ってその子によって程度がかなりまちまちだし、場合によっては特殊学級とかにも入らず普通学級で勉強している子とかもいて大変だよなぁーっていつも思うんだよね。

あたしが勉強していたのは自閉症でなくてADHDだったんだけど、そういう軽度発達障害って呼ばれるものを持ってる子供が普通学級でやっていくのって、その子供にも相当な負担がかかるし、先生や親にもかなり負担がかかると思うのね。

あーちなみに。
自閉症についてはあんまり詳しく説明できないけど、ADHDの説明をちょこっと入れると。

AD/HD(注意欠陥・多動性障害)
注意力や集中力を持続するのが苦手で、人によっては多動などの障害が出る脳の障害の一種。
遺伝や、出産時の酸欠などが原因と考えられていて、多くは先天性。
交通事故などによって脳に障害が残り出る場合もある。
成長とともに症状が軽くなっていくケースも多くある。

LD(学習障害)
Learning Disorder…医学用語
Learning Disability…教育用語
意味は同じだけど、言いかたが違う。
学習におけるある一部のことが著しく苦手
たとえば、俳優のトム・クルーズ(だったと思う。人違っていたら本当にごめんなさい…)はLとRの区別がつかないと言われていて、映画などの台本はマネージャーさんが読んでそれを覚えていると言われています。
あとは、アインシュタイン。東大の教授の多くはLDであるという話もよく聞きます。
そういう脳の障害。


こういう、障害者と健常者の境界線があいまいな障害なので、なかなか障害を受け入れてもらえないとかいう現状もあるようです。


あたしの知っている例でも、ADHDの疑いがあるという子供がいましたが、医師の診察を受けて診断をもらったわけではないので、親御さんは障害はない、普通の子だと言って普通学級に通っていたのですが、授業中に飛び出したり、奇声を上げたりってしばしば学級から逸脱することがあったそうです。
そういう子を間近で見ていて、クラスになじみきれないその子をうまくカバーしつつ、先生と親御さんとの連携、そして、周りの人のストレス軽減などができるようになれたらいいと思ってカウンセラーを目指しはじめたのが、今の勉強をするきっかけだったんですが。

実際、担任の先生の話を聞くと「その子のためだけに授業を中断、というわけにもいかないし、でも、放っておけば授業を妨害することもあるから、最終的には教室から飛び出すのを待つ(要は教室から飛び出してしまう)ようにその子に圧力…っていうかプレッシャーをかけたりしてしまっている」という風に言っていました。
でも、その先生のやってることが絶対悪い、とは言い切れないんですよね。
もちろん、いいことをしているわけではないですけど、まず学校の体制がなっていなくて、常駐はもちろん、巡回のスクールカウンセラーもいないがっこうだったし、何より転任1年目のまだ学校に慣れていない先生にそういう子供のいる学級を任せている(むしろ押し付けているともいえるのかもしれないですよね)っていう現状だったし、ADHDの子供って、突然切れだしたりすることもあるんですね。
もちろん、切れる理由っていうのはあるわけなんですけど、ほかの子供よりもはるかに繊細にストレスを感じ取っているので同じクラスの子供に石を投げるということもあったそうです。
それで、ストレスを溜め込んでいた担任の先生は、髪の毛が抜けてしまったりしたそうです。
先生、生徒、互いにストレスを溜め込んでしまってうまくいかないっていうことがそこでは起こっていたようです。

教壇に立つ側の人間には限界がある
それを切に感じた時でした。
だから、あたしは教壇に立つ仕事を目指すのをやめたんですけど。


だけど、すごく個人的なことを言うと、その子、たぶん家庭の中で大きなストレスを感じていて、それを教室でぶつけているっていう印象が強かったんだよね。
親御さんにもお会いさせていただいたけど、そんな気がした。

その子の場合は、認知欲求の示しているところもあるんじゃないかな…と。根底に障害があるのかもしれないけどね。


できればもっと長い間その子に関わってみたかったな。そうしたらもっと色々見えてきたのかも。



そーんなことをドラマを見ながら考えていました。


でもね、一番に思うのは

親が子供を愛してあげることが大事

障害を持っていても、いなくても、それを子供に伝えてあげるかあげないかで大きく違ってくる。
わかっていても、難しいことなんだろうな、きっと。
[ 2006/09/09 03:20 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

引き篭もる楽しさを見つけてしまい、困ってます。

今月のポカン様のコメントにありましたが。
本当ですよ!!

てゆーかあたし間違いなく過眠症です。
1日のうち、20時間近く寝ている自信がありそうです。
ものすごく体力ない人みたいな生活になってる。
おかしぃなぁ。
[ 2006/09/06 12:37 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

視覚的心理的脳内営繕業

心に歪みがある疑いとか。
精神的疾患・障害の疑いとか。

そんな札を誰が貼れと言ったか。
視覚的な美に共感する人への偏見はどこから来たのか。


そして、そんな人間に人を癒す仕事ができないと誰が定義するのか。


人の心は、歪んだ人間の方がよく識ってる。
というより
歪んでいるのではなくて
繊細 と言う方が適当。

柔らかい心ほどよく歪む




欝きたかな…;;
[ 2006/09/06 00:16 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)

薄暗いこの部屋にいても感覚が麻痺している為

慣れって怖い。
動くことに抵抗を感じる
とうとう引きこもりが悪化してきたと思われる

でも、いちおバイトも始めたと言うことで改善策を打ってはいるけど
今のところサボらずばっくれず行っているけど
いつまでこれが続くのか
いつ糸がまた切れるのか

考えたら限りなく最悪の未来
ほうっておけば限りなく最悪の展開

どうやって切り抜けるのが望ましい意と思う?
[ 2006/09/04 16:55 ] 日記。 | TB(0) | CM(0)